誰にも教えたくない、おれだけのショップ

HIroさんとの出会いは1年半前。私はロン・ハーマンでゲットしたターコインズのリングのサイズを手直ししてもらう職人さんを探していた。

私の自宅は東京の郊外である。都心ならともかく、なかなかいい職人さんが見つからない。

そんなとき出会ったのが彼だ。彼は近所のコンビニまで車で30分かけて迎えに来てくれた。

車中の男はたいへんいかつい。隆々としたタトゥーも見える。

「これはちょっとおっかない人に頼んでしまったな・・・」とひるんだ。

しかし、それは誤解だった。彼は気さくでフレンドリーな男だった。

そして、彼の工房がかなりイケてる。

親父さんの経営していたカウンターだけの飲食店を改造した「男の城」だ。

カスタマイズされたバイク、米軍払い下げのごついジュラルミンケース。テンガロンハットをかぶったドクロ。毒々しいサソリの標本・・・。

まばゆいばかりのヴィンテージ・シルバー・ジュエリーの数々。都内の店舗ではみかけないカキ殻のごとき、どでかい粒のターコイズたち。こいつらをぶっといチェーンでつないで、首から下げれば、どんな魔物も寄せ付けないとばかりの堂々とした存在感。

スカルもいい。

通常、デザイナーたちはスカルの裏側、つまり脳みその部分のシルバーを抜く。

なぜなら、そのほうが、銀を節約できるからだ。

ところがHiroさんはそんなこざかしいことはしない。

「スカルって、指につけたときのズシッと重い感じが気持ちいいはず。そりゃ、銀は高価だけど・・・おれ、そういうのはやりたくなんすよね」とはにかむ。

そんなわけでこの店、絶対、ひとりじめしたい。誰にも教えたくない。こっそりと利用したい小さなショップだ。

そんな「おれの聖域」をこのたび、ECショップとして公開する。ご期待ください。


TIDY (Web制作 / ECサイト構築 / 編集 / 執筆 / 動画制作 / SNS運用 / ブロモーション)

TIDY(タイディ)とは、「整理された」「こざっぱりした」などの意味。 私たちは、混沌の中から、法則性を見いだし、きれいに整える作業をミッションとしています。 雑誌・書籍の編集、ライティング、デザイン、webサイトの運用、ECサイトの構築、動画の編集、web媒体を使ったプロモーションなどを得意とします。 「お試しプラン」や「プロトタイプ」「モックアップ」の制作も承ります。お気軽にどうぞ。

0コメント

  • 1000 / 1000